ブレインストーミングセッション

はじめに…

初回の導入セッションは、

基本的には対面で、それ以降はオンラインで実施しています。

対面の場合、

貸し会議室等の予約手配と場所代ご負担を、

クライアントさんにお願いしております。

※現在は、全てオンラインでお願いしております。

 

曜日、時間帯、回数など、あなたにとって一番相応しいものを一緒に考えていきましょう。

 ★コーチは、クライアントにアドバイスを与える存在ではありません。また、セラピストやカウンセラーとも異なります。コーチは、クライアントがそれぞれの人生やキャリアにおいて実現したいことに焦点を当てます。また、コーチは、クライアントとより良い関係を築くべく、つねに誠実かつ率直なコミュニケーションをとるのはもちろんのこと、クライアントがコーチングの中で話した内容をクライアント本人の許可なく他言しないという守秘義務を負っています。一方、クライアントも決して受け身になることなく、自らにとって最適な関係を築くべく、主体的・積極的に関わることが求められます。その意味でも、時期を待たず率直にそれをコーチに伝える義務を負っています。

 ★コーチングのセッションに影響を与えるような、身体的または肉体的障害を持っていないこと、また自他共に対する虐待の問題や精神疾患の場合は、医師またはそれに準ずる専門家に相談の上、コーチングセッションをお受けください。。

 また、今後この状況が変化した場合は速やかにコーチにお知らせ願います。

 コーチは、クライアントがコーチング・セッションを続けられない、他の専門家に委ねた方がよいと判断した場合、クライアントにその旨を提案し、コーチングを終了させることがありますことを、ご了承ください。